ほほえみクリニック介護求人【ボーナスあり介護職無資格募集】

☆賞与年2回で交通費も全額支給の求人多数あります。

☆あなたの希望する求人多数あります。

☆ヘルパー2級取得者の求人多数。

☆オープニングスタッフの求人特集もあります。

☆介護職員基礎研修取得者の求人多数。


ほほえみクリニックでは介護職員が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお話下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



ほほえみクリニックの概要

郵便番号 〒197-0804
住所 東京都あきる野市秋川2丁目18-18
電話番号 042-559-2887
施設形態 病院
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。

ほほえみクリニックの求人が募集されているかはコチラに登録して確認して下さい。


カイゴジョブ申込み



ボーナスあり介護職無資格募集

☆賞与年2回で交通費も全額支給の求人多数あります。

☆あなたの希望する求人多数あります。

☆ヘルパー2級取得者の求人多数。

☆オープニングスタッフの求人特集もあります。

☆介護職員基礎研修取得者の求人多数。


介護施設では今人手が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお聞かせ下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



お探しの職種や雇用契約は?

ヘルパー・家事代行スタッフ・管理栄養士・医療事務・介護事務・送迎ドライバー・看護師・機能訓練指導員・管理職・サービス提供者・生活相談員・ケアマネージャー
の職種を希望で

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣
の雇用をお探しならコチラがおすすめです!



介護施設の転職で給与アップ

今、介護の職場を取り巻く状況はものすごいスピードで変化しています。次の転職活動の時には知っておいた方がいいこともいくつかあります。

「給与アップ」「待遇改善」について、まとめてみました。

介護職場の転職で給与アップ

「介護職員処遇改善加算」という取り組みをご存じですか?

国では、介護職員を増やすべく、介護職員の賃金や研修制度を充実させている事業者を金銭的に優遇する制度をつくっています。2015年4月から、その制度が改定され、これまでよりもさらに手厚い支援が実現しました。

この改定を受けて、介護業界の大手企業は軒並み賃上げを決めています。
職員数の多い大手企業が給与をアップすることで、業界全体での給料アップにつながる可能性もあります。
働く方としては嬉しいニュースですね。

あなたの給与や待遇に直結する大切なお話です!

一体どういうことなのか、詳しくみていきましょう。

介護職員の「待遇改善」を進める事業者を、国が後押し!

介護保険制度では、事業者に支払う介護報酬の額を国が決めています。

「介護職員処遇改善加算」は、その報酬額を決めるにあたって、「介護職員の待遇を改善する事業者には金額を上乗せしてあげよう」というものです。
事業者の届けを受けて、国が定めている基準に従って本当に待遇を改善しているかを確かめます。
条件をクリアしていれば介護報酬が多く支払われます。
その上乗せ分を使って、介護職員の給料を増額してくださいということです。

では、事業者が介護報酬を上乗せしてもらうためにクリアすべき条件は、「キャリアパス要件」と「職場環境等要件(旧定量的要件)」のふたつ。

ひとつめの「キャリアパス要件」は、以下の2種類に分けられます。
(1)職員がキャリアアップすることで、よりよい条件のもと、よりやりがいのある仕事ができること
(2)職員がキャリアアップしていくために、事業者がバックアップ体制を設けること

続いての条件は「職場環境等要件」。
これはいくつかの処遇改善の取り組みのなかで、これまでに実施したものについて、全職員に知らせていることが条件になります。

たとえば、処遇改善の取り組みには、こんなものがあります。
●非正規職員から正規職員への転換
●腰痛対策などの負担軽減を目的にした介護ロボットやリフト等の導入
●子育てとの両立を目指す人のための育児休業制度などの充実
●事故・トラブル等への対応マニュアル等の作成   etc.
これらの「キャリアパス要件」と「職場環境等要件(旧定量的要件)」のいくつか、あるいはすべてを満たせば、その達成度合いに応じて、介護報酬が加算されます。

これが「介護職員処遇改善加算」です。



こんな時は転職サポートがオススメ

  • 職場の雰囲気が悪かった
  • 経験を活かせる仕事がさせてもらえなかった
  • 職員が次々と退職してしまい負担が大きくなった
  • 残業が多くて体力の限界だった

転職の理由が「年収400万円以上の職場に転職したい」「子供が小さいので夜勤なしの仕事がしたい」「経験を評価してくれる施設に転職したい」「福利厚生のしっかりした会社に就職したい」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「ボーナスあり介護職無資格募集」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。


あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●社会保険完備の介護施設に勤めたい。

●契約社員で介護の仕事がしたい。

●マイカー通勤で交通も便利なところを探している。

●育児休暇ある施設で働きたい。

●訪問リハビリに就職したい。

●月20日程度の勤務の仕事がしたい。

●ショートステイで勤務したい。

●雇用保険がある施設で働きたい。

●介護スタッフの仕事がしたい。

●近場でお仕事を探したい。

という希望なら

☆賞与年2回で交通費も全額支給の求人多数あります。

☆あなたの希望する求人多数あります。

☆ヘルパー2級取得者の求人多数。

☆オープニングスタッフの求人特集もあります。

☆介護職員基礎研修取得者の求人多数。

コチラがおすすめです!



ホームヘルパー・介護職員初任者研修

お住いの近くには必ず介護が必要な高齢者がいます。

そのため、どの都道府県においても見つけることが出来るのがホームヘルパー求人になります。

特に現在は介護士の不足が問題となっているため、ホームヘルパー求人は求人情報誌やハローワークなどにはたくさんあります。

介護を広く行っている施設には多くの場合、訪問介護サービスがあるため、それらの施設からの募集が多いです。

日本では核家族化が進んでおり、高齢者の一人暮らしや高齢な夫婦だけで生活している家庭は非常に多いです。

そのため、ホームヘルパーへの需要は大きく、家事の援助や身体介護などのサービスを提供することで自宅での高齢者の生活を維持していくことが出来るようになります。

以前はホームヘルパーという資格がありましたが、現在は介護職員初任者研修という資格にかわっています。

これからホームヘルパーの仕事をはじめたいと考えている人はこの介護職員初任者研修を修了することで仕事が出来るようになります。




未経験でもハードルが低い職場は?

未経験でも受け入れてもらいやすい職場もある!

未経験OK!初心者歓迎!受け入れてもらいやすい職場であれば、「デイサービス」や「グループホーム」がおすすめです。

※デイサービス(通所介護)は昼間に日帰りで受けられる介護サービスのことです。
※グループホームは5~9人のユニット単位で互いに役割を分担しながら、生活をします。比較的軽度の認知症高齢者が利用しています。

デイサービス(デイケア)では基本的に夜勤がありません。
認知症の利用者も受入れがあるので、そういったところでは大変ではありますが、寝たきりの人への対応がないため身体的介護が少なく体力的な負担は少ないです。
また、残業もほとんどないという職場が多いです。

施設というより「家」のような感覚なので利用者にとっても介護士にとっても自宅にいるような感覚で過ごせます。

ただ、レクリエーション等で人前で1人で明るく話さないといけない場面があります。
やっているうちに慣れてくる人がほとんどですが、あがり症の方には少し大変かもしれません。

グループホームは夜勤こそありますが、認知症も軽度ですしグループ単位で過ごすため利用者の把握がしやすく密接な介護ができます。

ただ、施設によっては仕事がきつい、介護職員もグループになって動くために人間関係に悩む人も多いようです。

事前に雰囲気を見学したり、介護専門求人サイトを利用して就業後もサポートしてもらうような体制をとっておくと安心でしょう。




介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?




東京都高齢者保健福祉計画

東京都介護保険事業支援計画・老人福祉計画

ポイント
~平成37年(2025年)を目途に、東京の地域包括ケアシステムの構築を目指す~
・平成37年を見据えた中長期的な視点で、介護サービス基盤等の充実を図るとともに、必要な介護人材を確保
・平成27年4月の介護保険制度改正により区市町村の役割が大きくなることなどを踏まえ、区市町村における地域包括ケアシステムの構築を支援
・地域包括ケアシステムを、地域の将来の姿を踏まえた「まちづくり」の中に位置付けていくという視点を明確化

重点分野
1.介護サービス基盤の整備
~住み慣れた地域で安心して暮らし続けるために~
2.在宅療養の推進
~医療と介護の連携強化による 24 時間の安心を目指して~
3.認知症対策の総合的な推進
~認知症になっても安心して暮らせる東京を目指して~
4.介護人材対策の推進
~質の高い介護サービスを安定的に提供するために~
5.高齢者の住まいの確保
~多様なニーズに応じた居住の場を選択できるように~
6.介護予防の推進と支え合う地域づくり
~「支えられる存在」から「地域を自ら支える存在」へ~

東京都高齢者居住安定確保計画

目標
・高齢者の多様なニーズを踏まえ、賃貸住宅や老人ホームなどの住まいが適切に供給されるよう環境を整備するなど、高齢者が住み慣れた地域で暮らせる住まいを確保
・適切に供給された住まいにおいて、高齢者が安心して日常生活を営むために必要なサービスを提供する体制を整備

目標実現に向けた取組
1.高齢者向けの賃貸住宅・老人ホーム等の供給促進
2.高齢者向け住宅等の質の確保と高齢者の入居支援
3.地域で高齢者を支える仕組みの構築
4.高齢者の居住の安定確保に向けたその他の取組



福祉人材の確保・育成・定着

○高齢化の進展により今後更に増加が見込まれる介護分野をはじめ、保育分野や障害福祉分野などの福祉サービスへのニーズに対応していくためには、福祉人材を安定的に確保し、質・量ともに充足させていく必要があります。

○しかしながら、少子化による若年労働人口の減少に加え、福祉系職種の求人状況は、経済情勢や他の業種の動向に影響されやすく、また離職率の高い職場も多いことから、福祉サービスを支える人材の確保等はますます困難な状況となっています。
都内の平成26年度の介護関連職種の有効求人倍率は4.06倍となっており、全職業の1.37倍を大きく上回っています。

○都は、これまで、福祉の仕事の魅力を発信するとともに、合同採用試験や就職説明会等による採用支援、各種研修による能力向上の促進などを行ってきましたが、このような状況に対応するため、福祉人材の確保・育成・定着に向けた取組を更に進めていく必要があります。


就職・転職コラム

一口に面接といっても、数々のパターンが存在するので、このページでは個人面接や集団面接、(複数の応募者が参加するもの)、さらに近頃増えているグループ面接などを掘り下げて教示していますから、ぜひご覧下さい。
重要で忘れてはいけないことは、仕事を決定する時は、何しろ自分の欲望に忠実になって決定することであって、どんなことがあっても「自分を就職先に合わせなければ」などということを思ってはダメなのだ。
この先もっと、進歩が続きそうな業界に就職するためには、その業界が間違いなく発展中の業界なのかどうか、急な拡大にフィットした経営が成立するのかどうかを明らかにしておくことが大事でしょう。
当然ながら成長業界であれば、大きなビジネスチャンスに遭遇することがあるのだ。新規事業参入のチャンスもあれば、子会社などを作ったり、新規プロジェクトやチームを担当させてもらえる見込みが高くなるのである。
想像を超えた巡り合わせによって、ほかの会社への転職を心の中で望んでいる人が近年増えているのである。だが、転職すると決めたはいいけれど、再就職した後のライフステージに大きな差が出る場合もいくらでもあるのが実体なのだ。

いわゆる社会人でも、状況に応じた敬語などを使っている人は滅多に見かけません。でも、社会人なのであれば恥ですむところが、面接時には決定的なことが多い。
就職が、「超氷河期」と初めて銘打たれたジェネレーションで、報道される事柄や世間の感覚に押し流されるままに「働けるだけでも感謝するべきだ」などと、就職口をあまり考えず決めてしまった。
もう関わりがなくなったという立場ではなく、ようやく自分を目に留めて、ひいては内定までしてくれた企業には、謙虚な態度をしっかりと記憶しておきましょう。
普通に言われる会社説明会とは、会社側が催す就職関連の説明会のことで、いわゆるセミナーの事です。希望している学生たちや仕事を求めている人を集めて、企業の概括や募集要項などの重要事項を説明するというものが標準的なものです。
圧迫面接という高圧的な面接で、キツイ質問をされたとしたら、うっかり立腹する方もいるでしょう。その気持ちは理解できますが、生の感情を表さないようにするのは、社会人ならではの基本的な事柄です。

外資系企業で働く人は、今ではもう珍しくない。外資系企業に就職するというと、ちょっと前までは中途採用のすぐにバリバリ働ける人を採用する感じだったけれども、最近では、新卒の学生を採用することに前向きな外資系企業も注目されている。
当たり前だが人事担当者は、採用を希望している人の実際の力量などについて試験などで読み取って、「自社に必要で、活躍してくれそうな人物かどうか」本腰を入れて選考しようとするのである感じるのだ。
しばらくの間就職活動や情報収集を休憩することには、ウィークポイントが想定されます。それは、今日は人を募集をしている企業も募集そのものが終了するケースだってあると断言できるということなのです。
自分自身の事について、うまいやり方で相手に話すことができず、とてもたくさん忸怩たる思いをしてきました。これからでもいわゆる自己診断に長時間をかけるのは、とうに手遅れなのでしょうか。
就職試験に、最近では応募者をグループにしてグループディスカッションを選択している企業が増えているのだ。企業は面接では見られない気立てや性格などを知りたいのが狙いです。