小川ホーム介護アルバイト【高待遇の介護職無資格募集】

☆社会福祉主事任用取得者の求人多数。

☆各種手当充実で希望休ありでライフスタイルを優先できます。

☆ご自宅から近い職場を探せます!

☆ハローワークの求人も検索できます!

☆介護支援専門員取得者の求人多数。


小川ホームでは介護職員が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお話下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



小川ホームの概要

郵便番号 〒187-0035
住所 東京都小平市小川西町2丁目35-2
電話番号 (代) 042-347-5500
施設形態 特別養護老人ホーム
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。

小川ホームの求人が募集されているかはコチラに登録して確認して下さい。


カイゴジョブ申込み



高待遇の介護職無資格募集

☆社会福祉主事任用取得者の求人多数。

☆各種手当充実で希望休ありでライフスタイルを優先できます。

☆ご自宅から近い職場を探せます!

☆ハローワークの求人も検索できます!

☆介護支援専門員取得者の求人多数。


介護施設では今人手が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお聞かせ下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



お探しの職種や雇用契約は?

送迎ドライバー・看護師・機能訓練指導員・管理職・サービス提供者・生活相談員・ケアマネージャー・ヘルパー・家事代行スタッフ・管理栄養士・医療事務・介護事務
の職種を希望で

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣
の雇用をお探しならコチラがおすすめです!



以下にあてはまるなら、今すぐ転職!

  • 今のお給料より少しでも高いところに転職したい。
  • もっと休みが欲しい。休日日数のしっかりある会社がいい。
  • 残業が少なくてプライベートな時間も確保できると嬉しい。
  • 人間関係の良好な職場で働きたい。



こんな時は転職サポートがオススメ

  • スキルアップできる職場ではなかった
  • 休みがもらえず子供の学校行事に参加できなくて可哀想だった
  • 土日も仕事で家族とすれ違い生活になってしまった
  • 上司が意地悪な人で信用出来ない

転職の理由が「資格を活かせる職場で働きたい」「年収300万円以上は欲しい」「交通費が支給される会社に就職したい」「子供が小さいので夜勤なしの仕事がしたい」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「高待遇の介護職無資格募集」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。


あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●高齢者向け住宅で働きたい。

●人材派遣として介護の仕事がしたい。

●夜勤がない介護施設を探している。

●中高年でも出来る介護の仕事がしたい。

●サービス提供責任者の仕事を探している。

●サービス付き高齢者向け住宅で働きたい。

●土日が休みの介護の仕事がしたい。

●扶養手当がある施設で働きたい。

●老人保健施設に就職したい。

●制服貸与の施設を探している。

という希望なら

☆社会福祉主事任用取得者の求人多数。

☆各種手当充実で希望休ありでライフスタイルを優先できます。

☆ご自宅から近い職場を探せます!

☆ハローワークの求人も検索できます!

☆介護支援専門員取得者の求人多数。

コチラがおすすめです!



ケアマネージャーの役割

介護職全般を考えるとケアマネージャーの役割は大きいです。

求人情報には必ずと言っていいほどケアマネージャー求人が掲載されています。

それだけ地域で必要とされています。

市町村には地域包括支援センターが設置されており、地域ぐるみで老人福祉のサポートをしています。

最近では特に高齢化社会が進み、ケアマネージャーが中心となり、介護を必要な人たちのためにサポートをしなけばなりません。

介護を必要な人やその家族はどのような介護サービスがあり、どのぐらいの費用で利用できるかなどさまざまな疑問や不安をもっています。

このような人たちに親身になって相談にのったり、介護を必要な人が介護サービスを利用し、よりよい日常生活を送るようにサポートする仕事です。

とてもやりがいがありますので、求人情報を見ていて、ケアマネージャー求人に興味があり、もし介護の仕事がしてみたいのなら、是非お勧めします。

また他の職種より求人の数が多い傾向にあります。




未経験でもオススメなワケ!

未経験なら非正規雇用もオススメなワケ!

未経験であればいきなり正社員からではなく、非正規雇用からはじめるのも手です。

特に派遣は未経験の方なら時給も高待遇ですし、なにより派遣会社に相談できたり交渉してもらえたりとサポートが受けられるのでおすすめです。

特別養護老人ホームなどでも非正規雇用で勤めていれば、夜勤をさせる施設はほとんどありません。

夜勤は慣れていないと、思ったより精神的にも体力的にも負担が大きいものです。
ただえさえ未経験で仕事に慣れていないのにさらに夜勤が入ってくると最初はかなり辛いと思います。
ただ給与はもちろん正社員よりも少ないので、そこは念頭に置いておきましょう。




介護の仕事の特徴

まず訪問介護ですが、訪問介護ステーションに勤務して働くことになります。

介護が必要な利用者宅へ伺っての介護サービスですね。正社員は夜間勤務(オンコール呼び出し)が入ることもありますが、介護パートは日勤メインで働きやすいですよ。

訪問件数があらかじめ決まっているケースが多く、計画的に仕事がしやすいというメリットもありますね。

次に施設介護ですが、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅、ケアハウス、グループホームなどがあります。

また有料老人ホームにも種類があり、住宅型もあれば健康型、介護型もありますね。

施設によって提供するサービスは異なりますが、共通しているのは入浴介助や食事介助です。中には排泄介助を行っている施設もあります。

健康型や生活型の有料老人ホームよりも、介護型有料老人ホーム、特別養護老人ホームの方が排泄介助は多いかもしれません。

他にも、認知症の高齢者が利用する施設なら、徘徊しないように注意する必要があるでしょう。

訪問型よりも夜間勤務が多いと言われる介護施設ですが、やはり介護パートは日勤のみで働きやすいと思います。(詳細は介護求人サイトで確認して下さい)

最後に通所介護ですが、デイサービスやデイケアになりますね。

特にデイサービスの求人募集が多いようですが、デイサービスは比較的元気な高齢者が多いですし、文字通りデイ(日中)のサービス施設になりますので、介護パートでも働きやすいです。

ミニゲームをしたり、歌を歌ったり、外出できる高齢者を連れて近所の喫茶店に行ったり、公園に行くこともあります。利用者ごとに日誌を書いて、家族へメッセージを記すこともあります。

ただしメインサービスとして入浴介助を提供しているデイサービス、デイケアも多いので、体力勝負の仕事と言えるかもしれません。

その他、各介護の詳細に関しては、介護人材紹介会社に確認して下さいね。人材紹介会社は無料で登録できますし、あなたに合った介護の仕事を紹介してもらえる可能性が高いのでおすすめです。




介護人材等の確保・育成・定着を支援します。

都内で必要とされる介護人材等の安定した確保・育成・定着に向け、介護の仕事に関する普及啓発、事業者の採用支援、キャリアパスの導入支援、宿舎借り上げ支援、職場改善など、総合的な取組を行います。

主な事業展開

介護人材確保対策事業

・職場体験事業
介護業務を経験したことのない者を対象として、職場体験の機会を提供します。
・介護職員初任者研修資格取得支援事業
介護業界への就労を希望し、職場体験事業を経た者を対象として、介護職員初任者研修の資格取得を支援します。
・トライアル雇用事業
介護業務への就労を希望する無資格者を対象として、介護施設等での雇用先確保と資格取得支援を合わせて行います。

潜在的介護職員活用推進事業

・紹介予定派遣を活用し、雇用のミスマッチの解消と派遣期間中の継続的な支援により、潜在的有資格者の就業の促進と介護人材の安定的な確保を図ります。

東京都介護職員キャリアパス導入促進事業

・国の「介護キャリア段位制度」を活用し、職責に応じた処遇を実現するキャリアパスの導入に取り組む事業者を支援し、介護人材の定着・育成等を図ります。

現任介護職員資格取得支援事業

・現任介護職員の育成及びサービスの質の向上を図るため、介護施設・事業所で働く介護職員の介護福祉士国家資格取得を支援します。

介護職員スキルアップ研修事業

・介護職員を対象に、医療的知識や高齢者特有の身体的特徴、緊急時の対応などの研修を実施し、安全で適切な介護サービスの提供を促進します。

代替職員の確保による現任介護職員等の研修支援事業

・介護保険事業所等が、介護職員等に研修を受講させる場合、代替職員を派遣し、介護職員等の資質の向上を図ります。

介護職員等によるたんの吸引等のための研修事業

・特別養護老人ホーム等の施設や在宅において、適切にたんの吸引等の医療的ケアを行うことができる介護職員等を養成するため、研修を実施するとともに、事業者及び従事者の登録、登録研修機関への初度経費補助等を行います。

東京都介護職員宿舎借り上げ支援事業

・住宅費負担を軽減し良好な居住環境の提供による働きやすい職場環境を実現するとともに、施設による防災の取組を計画的に進め、地域の災害福祉拠点として災害時の迅速な対応を推進するため、介護職員宿舎の借り上げを行う事業者を支援します。

訪問看護人材確保育成事業

・訪問看護サービスの安定的な供給を図るため、地域における新任訪問看護師の育成や認定訪問看護師資格取得支援等を実施し、訪問看護人材の確保・育成・定着を図ります。

新任訪問看護師就労応援事業

・質の高い訪問看護師の確保を図るため、訪問看護未経験の看護職が不安なく訪問看護分野への就労を選択できる環境を整える事業者を支援します。

訪問看護師勤務環境向上事業

・中小規模の訪問看護ステーションに勤務する看護職の勤務環境向上の一環として、訪問看護師が研修受講する場合に必要な代替職員を確保する経費の一部を補助します。

訪問看護師定着推進事業

・訪問看護ステーションの看護職の定着を図るため、訪問看護師が産休・育休・介休を取得する場合に必要な代替職員を確保する経費の一部を補助します。

訪問看護ステーション事務職員雇用支援事業

・職員の事務負担を軽減し、専門業務に注力できる環境を整備するため、事務職員を新たに配置する訪問看護ステーションを支援します。



福祉人材の確保・育成・定着

○高齢化の進展により今後更に増加が見込まれる介護分野をはじめ、保育分野や障害福祉分野などの福祉サービスへのニーズに対応していくためには、福祉人材を安定的に確保し、質・量ともに充足させていく必要があります。

○しかしながら、少子化による若年労働人口の減少に加え、福祉系職種の求人状況は、経済情勢や他の業種の動向に影響されやすく、また離職率の高い職場も多いことから、福祉サービスを支える人材の確保等はますます困難な状況となっています。
都内の平成26年度の介護関連職種の有効求人倍率は4.06倍となっており、全職業の1.37倍を大きく上回っています。

○都は、これまで、福祉の仕事の魅力を発信するとともに、合同採用試験や就職説明会等による採用支援、各種研修による能力向上の促進などを行ってきましたが、このような状況に対応するため、福祉人材の確保・育成・定着に向けた取組を更に進めていく必要があります。


就職・転職コラム

相違なく未登録の番号や非通知設定されている場所から電話されたら、不安を感じる心情はわかるのですが、その気持ちを抑えて、先んじて自分の方から姓名を告げたいものです。
今の所よりもっと年収や労働待遇がよい就職先が見つけられた場合、我が身も会社を変わることを志望しているのであれば、遠慮しないでやってみることも肝心なのです。
アルバイト・派遣等の仕事で生育した「職歴」をぶらさげて、多くの会社に面接を何回も受けに行ってみましょう。帰するところ、就職も偶然の出会いの一面があるため、面接をたくさん受けてみることです。
「書く道具を持参すること」と記述されているのなら、紙でのテストの懸念があるし、いわゆる「懇談会」と記述があれば、小集団に分かれてのディスカッションが実行される可能性があるのです。
面接試験は、非常に多くのケースが存在するので、このホームページでは個人面接と集団(複数の応募者が参加するもの)面接、合わせてこのところ増えているグループ討論などをピックアップしてお伝えしているから、ぜひご覧下さい。

職場で上司が有能ならラッキー。だけど、逆に仕事ができない上司という状況なら、どんなふうにして自分の能力を見せつけられるのか、自分の側が上司をうまく突き動かすことが、必要になってきます。
確かに就職活動の最中に、気になっている情報は、応募先文化または自分の興味に合うかなど、採用されたらやる仕事の内容とは違い、会社全体をジャッジしたいと考えてのことなのです。
世間の話題を集めた「超氷河期」と最初に命名された時期の若者たちは、マスコミや社会の雰囲気に吹き流される内に「就職口があるだけチャンスだ」などと、仕事を即決してしまった。
企業と言うものは、1人ずつの都合よりも会社組織の計画を重要とするため、ちょくちょく、不合理的な配置異動があるものです。無論当事者にしてみれば不平があるでしょう。
ただ今、就職運動をしている会社が、元来第一志望の会社ではなかったので、志望の理由というものが分からないといった迷いの相談が、今の頃合いには増えてきています。

どんな状況になっても重要なのは、自らを信心する強い意志です。必ずや内定の連絡が貰えると考えて、自分らしい一生をきちんと踏み出して下さい。
関わりたくないというといった側ではなく、骨折りしてあなたを目に留めて、内定の通知までしてもらった企業には、心ある姿勢を注意しておくべきです。
気になる退職金とはいえ、自己退職なら会社ごとにもよるが、解雇と同じだけの額はもらえません。だからとりあえず再就職先から返事をもらってから退職するべきなのである。
上司の命じたことに従いたくないのですぐに辞表。言ってみれば、ご覧のような考え方を持つ人に直面して、採用の担当部署では疑いの心を感じているのです。
今の会社を退職するまでの気持ちはないのだけれど、どうしてもさらに月収を増やしたい場合なら、何か資格を取得してみるのもいい手法と断言できます。