わたなべ内科夜アルバイト求人【急募!介護職無資格募集】

☆介護職員初任者研修取得者の求人多数

☆作業療法士取得者の求人多数。

☆准看護師取得者の求人多数。

☆非公開求人多数掲載。

☆社会福祉士取得者の求人多数。


わたなべ内科では介護職員が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお話下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



わたなべ内科の概要

郵便番号 〒960-8251
住所 福島県福島市北沢又字川寒西9-6
電話番号 024-555-1171
施設形態 病院
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。

わたなべ内科の求人が募集されているかはコチラに登録して確認して下さい。


カイゴジョブ申込み



急募!介護職無資格募集

☆介護職員初任者研修取得者の求人多数

☆作業療法士取得者の求人多数。

☆准看護師取得者の求人多数。

☆非公開求人多数掲載。

☆社会福祉士取得者の求人多数。


介護施設では今人手が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお聞かせ下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



お探しの職種や雇用契約は?

機能訓練指導員・管理職・サービス提供者・生活相談員・ケアマネージャー・ヘルパー・家事代行スタッフ・管理栄養士・医療事務・介護事務・送迎ドライバー・看護師
の職種を希望で

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣
の雇用をお探しならコチラがおすすめです!



介護職員とケアマネージャーの確保

少子高齢化社会が問題とされている現在ですが、それに伴い介護に対する問題も増えてきています。

夫婦共働きの家庭が増える中で、家にご老人を1人で置いておくというのは不安が残りますよね。

1人暮らしの老人も増え、孤独死などの問題も増えてきています。

そうした問題が増えてくる中、各都道府県では介護施設を多く建設しています。

介護職員の人材不足も叫ばれていますが、ケアマネージャーの求人も施設の増加に伴い増えていっています。

施設が増えるのはいいことなのですが、介護職員はもちろん、その利用の架け橋となるケアマネージャーも必要とされています。

介護福祉施設では介護職員の求人と並行し、ケアマネージャー求人にも力を入れているわけです。

これから高齢化がますます進む中、介護福祉施設の増設だけでなく、介護職員、ケアマネージャーの確保とまだまだ課題が残されているようです。

逆をいえば、その方面の仕事を目指している方には、今後活躍の場が増えるということになります。

この機会に介護員、ケアマネージャーを目指してみてはいかがでしょうか。



こんな時は転職サポートがオススメ

  • 休みがもらえず子供の学校行事に参加できなくて可哀想だった
  • 給料が上がらないのでモチベーションが保てなかった
  • 職場の雰囲気が悪かった
  • 休日が少なすぎて体調を崩してしまった

転職の理由が「年収300万円以上は欲しい」「交通費が支給される会社に就職したい」「年収400万円以上の職場に転職したい」「子供が小さいので夜勤なしの仕事がしたい」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「急募!介護職無資格募集」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。


あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●運転免許を活かして送迎ドライバーの仕事がしたい。

●介護スタッフの仕事がしたい。

●冬期休暇が有る施設に勤めたい。

●マイカー通勤で交通も便利なところを探している。

●障害者施設に勤めたい。

●介護付有料老人ホームで働きたい。

●デイサービスの求人を探している。

●サービス提供責任者の仕事を探している。

●土日が休みの介護の仕事がしたい。

●労災保険のある介護施設で仕事がしたい。

という希望なら

☆介護職員初任者研修取得者の求人多数

☆作業療法士取得者の求人多数。

☆准看護師取得者の求人多数。

☆非公開求人多数掲載。

☆社会福祉士取得者の求人多数。

コチラがおすすめです!



ケアマネージャーとは

ケアマネージャーとは、正式名称を介護支援専門員と言い、都道府県が行う介護支援専門員試験に合格した者のことを言います。

介護支援専門委員の受験資格は、医療系の国家試験を持ち、実務経験を5年以上有する者に与えられます。

または、ヘルパー2級などの資格を持ち、5年以上介護関係の実務に従事した者、あるいは、介護の実務を10年以上行った者に与えられるものです。

いずれも毎年10月に都道府県が実施する試験を受け、合格した者のみが介護支援専門員となります。

この資格を取得しますと、ケアマネージャーの求人に応募することができ、ケアマネージャーの求人によって採用されると、仕事の開始となります。

主な仕事先は、グループハウス、老人福祉施設、介護施設などです。

仕事内容は、介護を必要とする人のために、ケアプランを作ることです。

介護を必要とする人はヘルパーの支援やマッサージ、理学療法などを受けることができます。

受けることのできる支援を上手に組み合わせたプランを作ることが仕事です。




短期で働ける介護士パート

単発・短期・派遣と広がる介護士の働き方

短期や単発の仕事は、全職種問わずに働く期間が定められている働き方です。

・単発・・・・勤務日数が10日以内
・短期・・・・勤務日数が11日~3ヶ月未満

という求人が一般的とされています。

またこれらの仕事を効率良く探すには、派遣社員として働いているという方が多いのも特徴です。

仕事を探す場合は、その業界に特化した専門サイトで探す方がいろいろな情報を得ることができます。

また派遣や専門サイトですと、自分の希望の条件を伝えると、極力希望にそった条件の仕事を提供してくれます。

短期で仕事を探しているという人の主な理由は、

・自分のライフスタイルに合わせて仕事をしたい
・次の仕事が決まるまでの間だけ働きたい
・キャリアアップを目指している

など、いろいろな理由がありますよね。

他に短期で働く場合は、煩わしい人間関係から解放されるというメリットもあります。

以前正社員として介護職で働いていた時に人間関係で辞めてしまったという人も、短期間であれば働く日数も決まっているので割り切って働けるのではないでしょうか。

またいずれは正社員として働きたいと思った場合にも、短期でいろいろな介護の仕事を経験できたら自分に合った仕事を見つけやすくなりますね。




転職支援サイトでの就職・転職成功者の声

ケアマネージャー 千葉県 (50代前半 女性)

初めての転職活動で少し不安でした。登録させていただいた一番の理由は、面接に同行していただける点でした。事前に、面接でどのようなことを重視して話をしたらよいかのアドバイスもあり、もちろん会社の情報も前もってインプットしていただき、安心して面接に臨むことができました。ありがとうございました。

【担当エージェントについて】
担当のエージェントさんには本当にお世話になりました。
一番はじめのお電話で私の気持ちをくみ取ってくださり、
なおかつ自分自身でもよくわかっていない私の適性を判断され、私に合う環境のところをご紹介して下さいました。

面接で緊張してうまく話せない私に代わって、聞きたいことをお話しして下さって、本当に感謝でした。
いつも絶妙なタイミングでお電話をくださり、私の気持ちを聞いてくださいました。
何もかも安心しておまかせすることができたのは、担当者さんのお人柄とふところの大きさのおかげさまだと思います。

就職してからも少しでも不安なことがあれば、相談できる人がいらっしゃるということは本当に心強く安心です。
どうかこれからもよろしくお願いいたします。
本当にありがとうございました。

ヘルパー 栃木県 (20代 女性)

他社を使った事がないので比較はできませんがサービス面では特に不満等はありませんでした。

【担当エージェントについて】
私からのしつこい質問攻撃にも毎回丁寧に答えて下さってとても感謝しています。
紹介頂いた職場もきちんと私の希望が反映されてて実際に働きに行くのが楽しみでもあります。
希望の地域が地域なので求人を探すのも大変だったと思います。

働きながらの転職活動は思ったよりも大変でしたがサポートがあったからこそ、いくつものやまを越えることができました。
本当にありがとうございました。
もうしばらく私からのメール攻撃にお付き合い頂くことになるでしょうがよろしくお願いしますね(笑)

ケアワーカー 東京都 (50代 男性)

今回、初めて人材紹介サービスを利用しました。
あまり期待しないで、インターネットから登録したのですが素早い連絡と希望に沿った案件の紹介に驚きました。
自分では短時間で幅広く探せませんし、希望の年収などもこちらからはなかなか言い出せないものなので助かりました。

【担当エージェントについて】
介護業界という事もあるのでしょうが、一度もお会いしないでいきなり面接同行という方法はかなりびっくりしました。
大変なお仕事ですね。
担当者さんは落ち着いていて、感じの良い方だったので安心しました。




福島県介護参入促進具体的な取組

介護職参入促進

すそ野を拡げる ~多様な人材の参入促進を図る~
介護の3つの魅力(楽しさ・深さ・広さ)の情報発信によるイメージアップ
○中高生を始めとした介護に興味のある方に対し、福祉介護施設事業所において職場体験を行う。
○学校関係者や学生、保護者を対象に職場見学会を実施し、福祉・介護の意義や魅力を知っていただく機会を提供する。
⇒●年間150人の参入促進

高校教師・親の理解促進、地域志向型の若者の掘り起こしの強化
○学校関係者や学生、保護者に対して行われる進路説明会等の場で、福祉・介護施設の職員等が自らの仕事内容についての説明を行う。
⇒●年間100人の参入促進

その他の「参入促進」の取組
○潜在的有資格者を対象とした再就職支援のための講習会等を開催する。
⇒●年間50人の参入促進

労働環境の改善

労働環境・処遇の改善
○道を作る ~キャリアパスを構築する~
○長く歩み続ける ~定着促進を図る~

代替職員の確保等による研修機会の確保
○施設等が実施する一般向け介護職員初任者研修の開催経費を助成することによって、無資格者のスキルアップを図る。
○介護福祉士資格取得のため実務者研修を受講させる場合に生じる代替職員確保に係る経費補助
⇒●年間100人の離職防止

小規模事業所の協働による研修支援
○離職率の高い就労後3年以内の小規模事業所の介護職員に対し、介護スキルの向上や職員間の意見交換等を目的とした研修を行う。
⇒●年間150人の離職防止

エルダー・メンター制度の導入支援による早期離職の防止/b>
○新人職員の早期職場定着のために必要なプリセプター制度の普及・導入を図るための研修会等を開催する。
⇒●年間100人の離職防止

介護職員資質の向上

○山を高くする ~継続的な質の向上を促す~
○標高を定める ~人材の機能分化を進める~

マネジメントや医療的ケア・認知症ケアなどの研修の受講支援
○キャリアパス制度の理解促進や導入のための研修会を開催する。

協議会設置

協議会の構成団体
行政機関等、養成施設等、職能団体、事業者団体
⇒平成27年度に議論を想定している議案
○人材育成確保対策、介護分野のイメージアップについての検討
○介護サービスの質の向上に向けた取り組み

人材育成に取り組む事業所の認証評価制度の検討状況

【現状】
年3回開催している福祉介護人材育成確保対策会議の中で、認証評価制度について議論した。
【今後】
行政、関係機関・団体等で構成する協議会を設置する。




国を挙げてバックアップ

高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。



就職・転職コラム

具体的に勤めてみたい企業は?と言われたら、答えがうまく出ないものの、現在の勤務先への不満を聞いてみると、「自分への評価が適正とは考えられない」という感想を抱いている方がかなりの人数存在していると言えます。
色々複雑な状況を抱えて、ほかの会社への転職を考えているケースが多くなっています。だが、転職すると決めたはいいけれど、希望通り転職した後の人生に今までとは大きな差が出る場合もいくらでもあるのが現実なのです。
実際のところは、人材紹介会社というジャンルの会社は、成り立ちとしては就職していて転職希望の人が使う企業やサービスだ。だから企業での実績となる実務経験がどんなに少なくても2~3年くらいはなければ対象にならないのです。
「自分自身が現在までにトレーニングしてきた特異な能力や特性を武器にして、この仕事を欲している」という風に今までの自分と関連づけて、やっと担当者にも説得力を持って通じます。
新卒者でないなら、「入社の望みがあって、職務経験も見込める会社」なら、どうあっても入社したいものです。社員が数人程度の小さい会社だろうと気にしないでいいのです。仕事で培われた経験と職歴を積み上げることができれば結果オーライなのです。

外国資本の企業の勤務先で望まれる業務上の礼儀や技術というものは、日本での社会人として追及される行動や労働経験の枠を大変に超えているといえます。
やりたい仕事や「こうありたい」という自分を夢見た転業もあれば、勤務場所のせいや通勤時間などの外的要素により、転身しなければならない場合もあるかと思います。
就職説明会から参入して、筆記でのテストや個人面談と突き進んでいきますが、このほかにも具体的なインターンシップや同じ学校の卒業生の話を聞いたり、リクルーターとの面談等によるやり方もあります。
一般的に自己分析が不可欠だという人の主張は、折り合いの良い職務内容を探し求めて、自分自身の美点、やりたいと思っていること、得意とするお株を認識しておくことだ。
「飾らないで内心を言ってしまうと、仕事を変えることを決めた最大の理由は収入のためなのです。」こういったことがあったのです。ある外資系産業の営業職の中堅男性社員の話です。

誰もが知っているような成長企業とはいうものの、確実に就職している間中安心、そうじゃないのです。だからその点についてもしっかり情報収集を行うべきである。
面接と言われているものには正しい答えがありませんので、どの部分が良くてどの部分が悪かったのかという合否基準は企業ごとに、それどころか面接官によって大きく違うのが現実の姿です。
ストレートに言うと就職活動をしている際には、絶対に自己分析ということを済ませておくほうがよいのでは?と人材紹介会社で聞いて早速試してみた。しかし、本当のところ聞いた話とは違って全然役に立たなかった。
面接の際、どうしても転職理由について尋ねられます。「何が原因で退職したのか?」ということは、どんな会社も特に興味のある内容です。ということから、転職理由をきちんと用意しておくことが大前提となります。
一回外資の企業で労働していた人の多数派は、元のまま外資のキャリアを続けていく流れもあります。すなわち外資から日本企業に戻ってくる人は、極めて稀だということです。